BLOG

ブログ

【CREACT+】刀を使って時代劇気分 殺陣クラス

殺陣(たて)とはドラマや映画、演劇などで俳優が格闘したり、刀を用いての立ち回りの事を指します。日本にいる限り、大河ドラマ等の時代劇、また2.5次元演劇などでも必要になってくる俳優の特殊技術です。

ですが、俳優以外の方でも日本特有の文化を知り学ぶ事は、とてもいい事だと思います。

 

刀を振って身体を動かす事は、エクササイズとして運動にもなりますし、日本人なのに知らなかったことが多大に学べると思います。

皆と一緒に刀を振って、身体も心も楽しみながら訓練しませんか?

目次

「殺陣」ってなに?

殺陣(たて)とはドラマや映画、演劇などで俳優が格闘したり、刀を用いての立ち回りの事を指します。
同時に、侍精神や時代劇の所作なども学べます。

着物を着て、毎日過ごしている方もほとんどいないと思います。
このクラス内では、袴を着て、刀を持ち、所作を学べば、その意味合いや精神が理解でき、
更に時代劇を見るのが楽しくなります♪


【CREACT+】の殺陣クラスは、俳優以外の方でも、エクササイズとして、ストレス発散、日常の運動としても受講者を受け入れております。
一歩違う時代劇の世界へ飛び込んでみませんか?
単発受講可能、都合の合う際にのみ参加でもOK!
全ての方々へ日常生活からの「+プラス」をお届けいたします。

講師は俳優の安居剣一郎さん

講師紹介:安居剣一郎さん​
2000年、ジュノンスーパーボーイコンテストで準グランプリ受賞をきっかけに芸能界入り、2001年お水の花道(フジテレビ)でデビュー。
2010年より殺陣を始め、水戸黄門(2010 TBS)古舘トーキングヒストリー 忠臣蔵(TV朝日 2016)堀部安兵衛役 大岡越前(NHK 2020)などに出演。
また、古武道「天真正伝 香取神道流」を学び、殺陣の研究をしている。



[講師よりメッセージ]
日本の文化、学んでみませんか?

普段、神道流で武道の稽古をしていると、多くの外国からのお客様が稽古に訪れます。わざわざ稽古の為に何日も休みを取って、日本の稽古場にいらっしゃいます。
何故、こんなにも日本の武道は海外の人の心を惹きつけるのでしょうか?

それは着物、刀、目に見える所の美しさ。
礼儀、姿勢、思いやり、稽古によって育まれる目に見えない美しさ。
逆に日本人だから見逃している所も多々あるのだなあ、と痛感いたします。

僕は殺陣を始めて、日本の歴史や小説、時代劇の映画、ドラマが凄く好きになりました。
日本人なのに知らない事ばっかだったのだなあ、と認識しました。

もう一度日本の文化、みんなで再認識してみませんか?
きっともっと、日本の歴史や文化が知りたくなるはずです。
自分の身体を知り、自分の心を知ると、日々の日常がもっと楽しくなるかもしれません。

皆様のご参加、お待ちしております!

[受講条件は?]

・心身ともに健康な 15歳以上の方

・日本語での講習ですので、日本語を理解できる方

[受講対象者]

・習い事として、趣味として、殺陣をはじめてみたい方

・日頃から運動不足で、何かエクササイズをしたい!

・とにかくサムライ・時代劇が好き!

・時代劇、侍の所作・礼・刀の扱いなどを学びたい方

・俳優の方、目指している方、今後仕事の為に殺陣を習得したい方も。





[当日の持ち物]

・ジャージなどの動きやすい服装、足袋がない場合は素足になって頂きます。

 ※運動靴、スニーカーはNG

・タオルや手ぬぐいなど汗をふけるもの

・お水など(床に零さないように注意して下さい)

※更衣室・シャワー室がありますので、稽古前にお着換え下さい。

SHARE

ブログ一覧

ホーム > ブログ > 【CREACT+】刀を使って時代劇気分 殺陣クラス